障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

肢体不自由者が教えます 障害者が就職活動するのに便利なサイト

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者 就職

肢体不自由という理由で身体障害1級を持っている、エリーです。この前成人式を終えたばかりのアマチュアです。

私は高校生活を謳歌する途中で肢体不自由になり、その結果普通一般とは違う高校時代を過ごしました。高校生として生きた3年間で、登校したのは150日程度だと思います。肢体不自由になってからは20回程度です。ちなみに、私は「高校3年生」を経験したことがなく「センター試験」も経験していません。
「高校を卒業していないのに大学生になった」人は日本全国を見渡してもそう多くないと思いますが、私はその希少なうちの一人です。

障害者と就職

「高等学校卒業程度認定試験(高認)」というものをご存知でしょうか。2004(平成16)年度以前は「大学入学資格検定(大検)」という名称でした。私は「高認に合格」したものの「高校を卒業」したわけではない、大学を卒業しなければ「高校中退=中卒扱い」になると思っていました。
ですが、文部科学省のホームページには「高認に合格した=高校卒業者と同等以上の学力があると認定され、就職・資格試験等に活用することができる」と明記されています。
「高認に合格した」ということは、「証書はないけど高校を卒業したようなもの」なのでしょう。

そして私は、晴れて同年代と同じ年に大学生となりました。通信大学を志望したため毎日の通学に骨を折ることもなく、また大学の用事で出かけた際は心優しい方々がサポートしてくださいます。
そんな私もこの4月から大学3年生です。大学卒業のため単位修得に力を入れる傍ら、就職活動について考える必要があります。


まずわからなかったのですが、私は2019年3月に卒業するから「19年卒」というそうです。
リクルートナビに登録して、関心を持った企業をブックマークして……そして気が付きました。

私は車椅子を必要とする人間だ。普通の企業で働けるだろうか?
「建物の中に段差が全くない」企業など、会社訪問しないとわからないではないか。

あるとき、言語リハビリのNさんに教えていただきました。
「障がい者のための就職情報サイト『クローバーナビ』」

障害を持っている方向けに企業を探してくれるサイトです。
いいです、便利です。雇用実績に「下肢障がい」「体幹機能障がい」がある企業はバリアフリーでしょうし、時間の融通や休日がしっかりあります。
転職や既卒者も募集していますよ。

障害を持つ皆さんへ

私は、就職する前に「一度でいいから」アルバイトをしてみたいと思っています。しかし、それは現実的に難しいので「LoveHandi」のライターになりました。

障害を持つ皆さんはまず、自分の特技を見つけてください。そして、その部分を伸ばしてください。そうすれば、それが未来への希望に繋がっていきますので。

(執筆 エリー)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

エリー by

身体障害1級(肢体不自由+体幹)
現役の女子大生は手が空いたときしか働きません(お勉強が大変なの)
Twitterは@EZ2YT9mMXsyu0VE フォロー返しはたぶんしないです。