障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

ここがおかしい日本の発達障害教育 アメリカと日本でこんなに違う、とイラストで話題に

スポンサードリンク







スポンサードリンク




発達障害 ADHD

どうも、編集長のだいちゃん(∀)です! 最近、コンビニのスイーツにハマっています! 嘘です。書いてみたかっただけです。

発達障害の理解に対して、日本と諸外国で対応が全く違うということは一部の人の間で有名ですが、それを表現したイラストがtwitter上で話題になっています。

今回はADHD(注意欠陥性多動性障害)についてのイラストです。

これが完全に当てはまるのかどうかというのは甚だ疑問ですが、日本に関しては確かにこんな感じだと思います。

人と違うことを「悪」とする日本

日本という国は戦時中の軍隊教育の影響が残っているからなのか、人と違うことをすることを「悪」とする風潮が強いです。発達障害がなくてもちょっと人と違うというだけで、

「空気を読め!!」

と言われるのは皆さん感じていると思います。

何で空気なんて読まないといけないんですか? 一度しかない自分の人生、好き勝手に生きてもいいでしょ。

その「悪」の部分がこのイラストではよく表現されていると思います。

実際に日本では発達障害者は生き辛さを感じている方がとても多いです。自己肯定感がどうしても低くなってしまいます。だって、人と違うことをしているだけで、人格を否定されるんですもの。おかしいよね、そんなの。


では、イラストのようにアメリカでは発達障害に対して差別が無いかといえばそんなことは実はなくて、やっぱり日本ほどではないにしろ差別はあります。ですが、結果重視の国ですし、個性も尊重する国ですから、人と違うことを「悪」と認識せずにむしろ「善」と認識するという風潮はあります。

スティーブジョブスしかり、ウォルト・ディズニーしかり、アメリカでの成功者の中には発達障害を抱えていたという方の話はそれなりに聞きます。ですが、日本で発達障害を抱えていて成功しているという話はどうしても埋もれてしまうんですよね。

最近だと、モデルの「栗原類」さんが自分は発達障害者だとカミングアウトをし、「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由(KADOKAWA)」という書籍も発行しています。

こういう影響力のある方がどんどん発達障害についてカミングアウトをし、世の中に広めていってほしいものですよね。

人と違うのは良いこと

何で周りと同じことが出来ないの? と発達障害に対して知識の無い親御さんが怒る例は日本では多いです。でも逆に問いたいです。何で周りと同じことをしないといけないの?

これに応えられる人は恐らくいません。テンプレート的な答えとして、

「周りと同じことをしないとイジメにあったり差別されるから。」

という感じになるでしょうね。

でも、それってイジメや差別をする人間が悪いのであって決して個性的な人間が悪いわけじゃないじゃないですか。

むしろ、全員同じように育ってほしいのならクローン人間でも量産しろって話ですよ。でも、そんな世界、面白くないよ?

人と違うことは良いことです。発達障害を抱えていようが、いまいが、人と違うことをする人に対して、個性のある人に対して差別や偏見の目で見るのは辞めて下さい。

(執筆 だいちゃん(∀))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

だいちゃん(∀) by
LoveHandi(ラブハンディ)編集長 フリーライター 1級身体障害者
年間500冊の本を読む読書好き。
理想の嫁は橋本環奈ちゃん。いつか自分が結婚相手になると勝手に思っている危ない人。
障害者の社会的地位向上の為にWEBマガジンを立ち上げた、有言実行の行動力の持ち主。
公式ホームページ
blog
twitter
facebook
Instagram