障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

精神障害者やうつ病患者を無理に刺激・叱咤しないで!

スポンサードリンク







スポンサードリンク




精神障害者 家族

どうも、編集長のだいちゃん(∀)です! 実は強迫性障害(不潔恐怖症)という精神疾患も患っていますし、過去には双極性障害(躁うつ病)を患っていたこともあります。

そんな自身の経験から、自分の専門分野ではないのですが、精神疾患について今回は書いていきます。

あくまで私の体験談や専門家のWEBサイトで調べたものです。参考程度にとどめて頂ければと思います。

精神疾患の症状

双極性障害と統合失調症には、陽性症状と呼ばれる見えもしれない被害妄想があります。例えば、パトカーのサイレンが鳴っていて自分のことを追っていると感じたり、すべての事物(テレビ・ネット・新聞)などが自分について常に監視をしているような錯覚に陥ったりするらしいです。幸い、私にはそういった症状がないのですが、人によっては幻聴・幻覚が聞こえてきたリして患者を苦しめることになります。

ただし、早期治療によってある程度は防ぐことが可能です。自分が精神病だと認識していない方などの状態放置が一番危険です。ちょっとでも怪しいと思ったら心療内科に駆け込みましょう。

一方で、すべての意欲のなくしてしまい、寝たきり状態に近くなって動くことが出来なくなるのがうつ病の「陰性症状」というものがあります。。

陰性状態の症状は人によって異なりますが、陰性症状が出ると拒食症に陥り激痩せしたり、逆に過食症に陥り激太りしてまうケースも見受けられます。

では、精神疾患をフラットな症状に戻すためにはどうしたら良いのでしょうか。家族の接し方を中心に考えていきたいと思います。

精神疾患障害者を無理に刺激したり、叱咤しないこと

こと陰性症状に陥ると、脳の活動はストップしているので、言葉や力ずくなどで強制的に病気の状態を良くしようとするのは望ましくありません。いつ治るかわからない、という状態と常に戦うことになります。なかなかキツイです。

このやっかいな症状を退治するには、いつかはこの精神疾患は治るのだ(もしくは緩和するのだ)と暖かく見守るというのが一番だと思います。

体の病気と一緒でリハビリを常に心がける

精神疾患を患っている患者さんを、少しでも外の世界に触れさせて軽い散歩や外食でもいいので、外に連れていくなどは非常に効果的だと個人的には思っています。私自身、散歩をするだけでも気分が回復するので。


外に出でて太陽の光を浴びることで、セロトニンという心を安定させる脳内物質が分泌されるのです。(※諸説あります。)

そういった一つ一つのリハビリの積み重ねがとても重要になります。

確かに意欲をすべて失っている状態では、患者さんを外へ連れて行くなどはかなり難しいという意見もあります。そして、内の世界にこもっている状態が長引けば長引くほどハードルも上がります。ですから最初は本当に些細なことでもいいので日課として外へ一緒に出てみるよう、なんとか説得していくことが始まりになります。

そうやって、家族と患者、一帯になって一歩一歩前進していくことが大切なのです。

患者自身の心構えが大切

精神状態があまり良くない状態の時は難しいのですが、本人も自分自身で病魔を克服しようという気持ちを持たなければ病気の治りは遅くなります。ですが、患者一人でそのような気持ちになるのはかなり困難です。そこで、家族の後押しが病状をアシストすることにつながります。攻めるのは患者さんではなく、病気を攻めなければなりません。

現代では家族ともどもとリハビリの努力を毎日欠かさずして、ほんの少しでもいいので患者さんを外の世界へ誘導する(または自分から外の世界に出て行く)ように奮闘していくことが精神疾患を緩和させる為に有効だと私の実経験上思っています。(あくまで経験談ですが。)

散歩など、太陽の光を浴びることは本当に大切なことで、ちょっと散歩をするだけでも落ちていた気分が回復することがあります。散歩、馬鹿に出来ません。

そのように、患者自身も自分の病気は絶対に治らないと決めつけずに、治すのではなく緩和させるという気持ちで臨むのが良いのかもしれません。

私は医者ではないので病気の治療法などについては詳しくは分かりません。体験談としてお話することしかできません。ただ、散歩は本当に効果的です。

皆さん、明るい時間帯に散歩をしましょう! 私が伝えたいことはこの部分がほとんどを占めています(笑)

参考

双極性障害委員会―日本うつ病学会

統合失調症とは何か―日本精神神経学会

(執筆 だいちゃん(∀))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

だいちゃん(∀) by
LoveHandi(ラブハンディ)編集長 フリーライター 1級身体障害者
年間500冊の本を読む読書好き。
理想の嫁は橋本環奈ちゃん。いつか自分が結婚相手になると勝手に思っている危ない人。
障害者の社会的地位向上の為にWEBマガジンを立ち上げた、有言実行の行動力の持ち主。
公式ホームページ
blog
twitter
facebook
Instagram