障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

意外と知られていない、うつ病の症状「思考制止」

スポンサードリンク







スポンサードリンク




うつ病 思考停止

うつ病の症状の一つ、「思考制止」を皆さんはご存知ですか? 私はうつ病を患った頃、この症状が出て戸惑いました。

今日は、意外と知られていない思考制止についてお話しようと思います。

うつ病を患って、私の癒しが消えた

私は、うつ病を患う前は愛読者でした。休みの日は一日三冊以上の小説を読み、給料のほとんどを本に使っていました。それがある日、本が読めなくなりました。活字が、全然頭に入ってこないのです。まるで知らない国の言葉を見ているような感覚でした。

私は頭がうまく整理できず、部屋中の本を開きました。しかし、結果は同じ。病院に問い合わせて、事態を説明したところ、「思考制止」といううつ病の症状であることを教えてもらいました。思考制止とは、頭がうまく前へ進まないという症状で、活字が読めなくなったり、考えがまとまらなくなる症状の事だそうです。

茫然としました。私にとって唯一の癒しが、読書だったからです。

本が読めない生活、それは暗い世界へと運ばれた気分でした。

うつ病が仕事でもついに影響

本が読めず悩み、それでも他の事に没頭していればという前向きな気持ちに切り替えました。しかし、その症状は仕事にも影響することになります。

仕事の上司から、「読んでおいて」と資料を渡されました。それを読もうとしたとき、やはり文章が読めないのです。

この頃、うつ病を職場にカミングアウトしていなかった為、読めないと正直にいう事ができませんでした。それに私は責任ある立場だった為、先に資料を読んで内容を把握したうえで後輩に伝えるという役目がありました。


そのときは、コンタクトが合わなくてと言い訳をして後輩に読んでもらいました。

このままではいけない。そう思いました。

私はそれから、思考制止をどう乗り切るか考え始めました。

私なりに考えた、うつ病の思考制止を乗り切る方法

私は、家中の本を使って思考制止をどうやって乗り切るか模索しました。私オリジナルの、解決法です。文章は単語で成り立っています。その単語だけをみて、内容を読み取ると、自然体で文章を読んでいるように見え職場でも役に立ちました。

あとは、スマホの音読アプリを使う。家で何か読まなければいけないときにはよく使います。文章をスマホに打つと読んでくれるという優れもの。

それから、薬が効いてないときやネガティブな時は、単語だけを読み取る方法も疲れてしまうので、視力の低下を理由に後輩や同僚に代わりに読んでもらうようにしました。

うつ病の思考停止 まとめ

私は、こうして記事を書いています。それは、やはり自分なりの方法を模索したからです。

人によって、きっと解決策は違うと思います。もし、私の方法を参考にしていただけたら幸いです。しかし、一番の解決方法は、「人に頼る勇気」です。

私はなかなかそれができず苦労しましたが、どうか頼ってください。できないものはできないと開き直ることで、楽になれるとそう思っています。

私はいつか本をまた前のように読みたい。それが私の、一番の夢です。

(執筆 ハル門)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者に関するオススメ商品

障害者に関するオススメ商品

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

ハル門 by
28歳、独身女。
一年前にうつ病を発症。2ヶ月前に、職場のパワハラにより、心因性歩行障害、心因性難聴を発症。
現在は病気療養に務め、うつ病でありながら明るい毎日を求めて試行錯誤。
前を向いて、歩いています。