障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

「障害者」「障がい者」「障碍者」という字の違いって何?

スポンサードリンク







スポンサードリンク




 

障害 疑問

ライターのルナです。

今回は自分が障がいや、難病について気づいた事を書いていこうと思います。

障がい者と言う表記に実は、種類があるんです。

  1. 障害者
  2. 障がい者
  3. 障碍者

読みは全て同じ、しょうがいしゃ、ですがなぜこんなに種類があるのでしょう。私自身が見たり聞いたりした事ですが、こんな理由があります。

1の読みは障害者と言う字の中に、「害」と言う字が障がい者そのものが、まるで害をなすかもしれないと言うマイナスのイメージがあるからです。実際、障がい者が健常者の方に対して、害をなしたと言う事は聞いた事が私はありません。

次に2の表記は障がい者と言う表記にする事で、障がい者へのイメージを良い方向にしよう、と言う目的があります。最近はこの表記が増えています。なので私の場合、今回の記事では2の表記を使っています。

3の表記は障がい者の旧字体らしいです。

障害者の種類

身体障害・重心障がいとは

皆さんの障がい者のイメージはなんですか? 様々なあると思いますがやはり車いすの方がイメージとして浮かぶと思います。一言に障がい者と言っても様々な方がいます。

先程言った車いすの方は「身体障害」と言います、その他にも目が不自由な方、聴覚に障がいのある方、言語に障がいのある方等が、身体障害と呼ばれる方々です。

他にも寝たきりで自力で、話す事も食べる事も、困難な方は重心障がい者と呼ばれる方で、その方々は話す内容はある程度理解していて、「はい」なら笑う、「いいえ」なら嫌な顔をする、と言う風に会話が完全に会話が成立しない訳ではないんですね。


知的障がい者とは

知的障がい者と呼ばれる方は、一見健常者に見えますが、「自閉症」や「ダウン症」等の方が多いです。
自閉症の方は先天性の障がいで、読み書きや計算等知的に障がいのある方で難しい言葉を理解する事が困難です。ダウン症も知的障がいと似ていますが、ダウン症の場合、染色体に異常があり、生まれつき心臓が弱い等の違いがあります。

精神障がいとは

精神障がいとは、先天性の方もいると聞きますが、主にうつ病等、精神疾患を発症し、日常生活が困難な方の事です。

発達障がいとは

発達障がいとは、生まれつき脳が未発達の状態で生まれてしまい、聴覚過敏や視覚過敏、落ち着きがない等の症状があり健常者と間違われやすく、大人になってから発達障がい、と診断される方もいるんですよ。

「障がい者は生まれつきだけではない」

障がい者は誰にでもなる可能性があり、3歳以降にな事故、感染症等でなんらかの障がいを抱えてる人を、「中途障がい者」と言います、「自分は関係ない」と思っていても、他人事ではないんです。

ヘルプマークとは

基本的に身体障がい・重心障がい者以外の方は、見た目では障がい者である事が分からず、優先席に座って誤解を受けると言う話をよく聞きますが、「見えない障がいを」抱えている、証拠赤字に、白の十字架マークのカード!ヘルプマークを付けている方がいます。

ヘルプマークはまだ認知度が低く、ヘルプマークを広める活動を行っている方達がいるんですよ。ヘルプマークをぜひ知って下さい。

「障害者」「障がい者」「障碍者」という字の違い まとめ

身体障がい・重心障がい、知的障がい、精神障がい、そしてヘルプマークについての記事、いかがてしたでしょうか? 障がいは当事者である私自身も、勉強中です。

これから障がいが多くの方に、広まる事を願っています。

(執筆 ルナ)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

ルナ by

作業所で働いています、主にボールペンなどの受注作業とパソコンでデータ入力の作業をしています。身体障害1種2級、軽度の知的障害、精神疾患を抱えています。
更新はマイペースで行います。