障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

身体障がい者が資格を取得する方法

スポンサードリンク







スポンサードリンク




資格取得

身体障がい者になりパソコンで、稼ぎだした私は賃金アップのために、資格を取りたくなりました。そこで、どうすれば資格が取得できるのか、いろんな方法を調べてみました。

資格の取得 職業訓練校は倍率が高い?

最初は交通費や教材費ほどで、資格が取れる職業訓練校に通いたいと考えました。しかし、ネットで調べるほど、不可能と思いました。

子育て中のお母さんから、会社を辞めた男性まで職業訓練校に通いたい方が大勢、存在します。おまけに、web系の資格は人気で、倍率が高いとネットで話題になっていました。

職業訓練校の面接に、三時間待ちというネットユーザーの投稿も発見しました。また、ネット上では倍率が、二倍から三倍だったという声が多いです。ゆえに、職業訓練校の倍率は高いでしょう。

座っていても足がうっ血する私には、三時間の面接の待機は厳しいです。

職業訓練校のデメリット

どうしても、職業訓練校に通いたい障がい者もおられるでしょう。そこで、障がい者やシングルマザー枠など発見しました、しかしながら、募集が少ないため、倍率が高くなると感じました。

面接中に不合格と言われて何日も落ち込んだという、ネットユーザーの投稿も発見しました。ならびに、障がいによっては、面接がトラウマになるかもしれません。


在宅で資格が取れたり、寮が完備されているところも存在しますが、ごく一部で倍率が高いと感じます。また、三カ月の短期の就職訓練の面接に落ちれば、三カ月は待たなければいけません。

職業訓練校は毎日、通えるかどうかという問題が大きいです。しかし、障がい者は通院を必要とする方も多く、八割通えたらよいという条件があっても厳しいです。

資格の取得は作業所や独学がオススメ

最近では、資格を取得して就職を目指す作業所が増えました。ならびに、私の地元では介護系の資格から、web系の資格が取れる作業所まで存在します。

私のように毎日の通所が困難な場合は、資格の取得に時間がかかります。および、期限つきの作業所では、資格を取得することは厳しいです。

本格的に資格を取りたいなら、通信講座や教室に通いましょう。ただし、お金がかかるため、稼げるかが問題です。

安く資格を取得する方法は、図書館で勉強をして独学で資格を取得します。また、私の地元では障がい者は本の貸出期間が長かったり、障がい者サービスが利用できます。

どの障がいかで、資格の取得方法は変わってきます。かつ、就職の武器になる検定も存在します。また、検定であれば、検定料や教材が安くすむ場合があります。

(執筆 城岸美稀)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

城岸美稀 by

アトリエmimaRe(アトリエミマレ) 第2種 6級身体障害者
絵画・壁画・イラスト・ライター・モデル・メディア出演などチャレンジ精神旺盛なフリーイラストレーター。
アウトドア・インドア・人の性格に対して「嫌い」というくくりはない。
子供の心が楽になる絵画教室建設を夢見ている。
■blog アトリエmimaReのオフィシャルブログ

■twitter アトリエmimaRe

■facebook 城岸美稀(※友達申請はメッセージをお願い致します。)

■LINE着せ替え LINE着せ替え-mimaRe

■LINEスタンプ LINEスタンプ-mimaRe