障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

障害の影響で足がうっ血するなら、宿泊先は旅館がオススメ

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者 旅行
私は仕事で地方滞在の多い、ステッキユーザーです。旅館に宿泊する機会があり、むくみが減ったので旅館の素晴らしさをお伝えします。

足の障がい者の旅行に旅館をすすめる理由

私は左足のアキレス健を手術しており、血流の流れが悪くなるのでうっ血します。そのため、左足がむくむと足先が腫れて痛みが伴い歩けなくなります。

回復するためには、足を高く上げながら伸ばさないといけません。また、足を長時間は伸ばさないと、むくみがひかないです。

基本的に旅館は、畳のため室内のどこでも足が伸ばせます。ならびに、靴を脱いであがるため、室内に入れば寝転ぶことが可能です。

ドアの先に襖のある部屋が多いので、清掃員が入ってきても止めやすいです。いわば、ホテルはドア一枚のため、室内にいる場合は精神的に落ち着きません。

旅館は枕や座布団のストックが用意されているため、足を上げたい時に助かります。ただし、押入れにストックが入っている際は、スタッフに一声かけましょう。

足の障がいでホテルを使うリスク

ホテルは、基本的にベッドのみ足を伸ばせます。ちなみに、絶対と言えるほど、椅子は置いてありますが足が伸ばせません。

私にとっては、椅子があっても足が伸ばせなければ疲労がとれません。かつ、椅子に座って足をおろす行為は、更なるうっ血に繋がります。

椅子意外に、ベッドは怖いです。なぜなら、バランスがとりにくいからです。また、シングルベッドの場合は狭く、トランポリンと似たようなものです。

床に物を落としてしまったら、バランスがとれず拾いにくいと感じます。おまけに、ホテルのベッドは高いので、転落の恐れがあります。

仰向けで就寝したい方は、ホテルのベッドカバーは重く足先が窮屈です。かつ、ベッドカバーは大きいため、力がないと動かせません。


足の障がい者の旅館選びのポイントや対応

旅館を選ぶ際に気をつけるポイントは、エレベーターです。なぜなら、古いホテルはエレベーターが狭かったり、ない可能性があります。

旅館の玄関や室内の入口は、階段や段差が多いです。そのため、スーツケースが重い場合はスタッフに手伝ってほしい旨を伝えましょう。

エレベーターや段差の有無が不安な場合は、予約前にお問い合わせすることをオススメします。

お風呂とトイレが一緒の部屋なら、お風呂の広さと形をチェックしましょう。なぜなら、お風呂の中で石鹸を使うと、滑りやすく転倒の危険性が高いです。

側にある洗面台に、体をぶつける可能性があります。また、私が滑った経験では、四角の浴槽は角があり、深い浴槽は頭を打ちかけて怖かったです。

大浴場がある旅館は、入浴時間と広さをチェックしましょう。というのは、入浴時間が短いと混雑がおきます。つまり、人とぶつかって転倒の危険性が高まります。

障がいを見られたくないなら、混雑しない方が良いでしょう。また、どんな人が宿泊しているかで、大浴場の快適さが変わります。例えば、子供が障がいを見て、驚かれることがあります。

旅館を選ぶ際は、修学旅行生の宿泊先か、ファミリー向けかまで調べておくと良いでしょう。また、バリアフリーじゃない大浴場は壁を伝って歩くため、狭い浴場が歩きやすいです。

大浴場は滑る危険性が高く、入浴が厳しいユーザーもおられるでしょう。しかし、最近の安い旅館はビジネスマンが多いため、運が良ければ貸切風呂が楽しめます。

(執筆 城岸美稀)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

城岸美稀 by

アトリエmimaRe(アトリエミマレ) 第2種 6級身体障害者
絵画・壁画・イラスト・ライター・モデル・メディア出演などチャレンジ精神旺盛なフリーイラストレーター。
アウトドア・インドア・人の性格に対して「嫌い」というくくりはない。
子供の心が楽になる絵画教室建設を夢見ている。
■blog アトリエmimaReのオフィシャルブログ

■twitter アトリエmimaRe

■facebook 城岸美稀(※友達申請はメッセージをお願い致します。)

■LINE着せ替え LINE着せ替え-mimaRe

■LINEスタンプ LINEスタンプ-mimaRe