障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

障害者であるステッキユーザーが伝える、杖の選び方

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者 杖

ステッキユーザーの私が、杖選びで失敗した体験談を元に杖の選び方をまとめました。また、ネットショッピングで杖を購入する際の、注意点も書いています。

障害者の使う杖の高さに気をつけよう

最近、ネットショッピングで可愛い杖が出回っています。しかし、外出ができなかったり、金銭的に余裕がないとネットショッピングで、杖を購入することもあるでしょう。

杖を購入する際に気をつけるポイントは、杖の高さです。いわば、長さや支柱やパイプと言われるところでしょう。しかし、お店によって名称が違うことがあるので、気をつけましょう。

写真だけでは、杖の高さは分かりません。また、長さが書いてあっても、感覚で購入する方もおられます。しかし、杖は数センチ違うだけで、使い物にならないことがあります。

可愛いデザインは、小柄な女性用に作られていることが多いです。そのため、私の場合は杖が短くて、使えなかった経験があります。また、長さが合わないと姿勢が悪くなり、腰に負担がかかります。

初めて杖を購入する際は、病院や専門の方に自分に合う高さを、教えてもらいましょう。かつ、店頭じゃなくネットショッピングが良いなら、有名なメーカーをオススメします。

グリップの素材は迷う

私が安くて思わず購入した杖は、一回しか使えませんでした。というのは、グリップがザラザラで、手のひらが擦れる素材だったからです。

杖の素材を気にせず購入してしまった理由は、デザインが可愛かったからでした。しかし、安い杖は何かしら裏があります。いわば、デザインが可愛く安かったけれども、素材や質が悪かったのです。


グリップは、アクリルだったりゴムと書かれていたリ、木製や水牛の角だったり種類が豊富です。ゆえに、グリップは自身で触ることをオススメします。

私自身、グリップの素材が分からす購入していることがほとんどです。ただ、店頭で購入する際は、グリップの感触で選んだ杖が長持ちしています。

障害者が使う杖のグリップの握りやすさや重さは大事

グリップの握りやすさは重要です。なぜなら、手のサイズに合っていないとマメができたり、疲労に繋がるからです。

私が初めて使った杖は、病院で大きいアクリルっぽいグリップの杖でした。また、病院だったため、男性が使える杖を使用していたと思います。そのため、グリップが大きくて、力が入らず手が滑りました。

杖が重くて、杖をつく方の肩がこりました。そこで、杖のグリップは小さく、軽いものに変更しました。すると、歩く歩数も伸びて、手のひらの痛さもなくなりました。

杖にどれだけの負担をかけるか、手に障がいがあるかなどで杖の選び方は変わってきます。また、折りたためる杖は便利ですが、いつの間にか折りたたみ機能は使わなくなりました。

最近ではグリップの負担を軽減するグッズや、オシャレなストラップも販売されています。かつ、杖の選び方は重要な点が、いくつも存在するので一部のみ書いています。

(執筆 城岸美稀)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

城岸美稀 by

アトリエmimaRe(アトリエミマレ) 第2種 6級身体障害者
絵画・壁画・イラスト・ライター・モデル・メディア出演などチャレンジ精神旺盛なフリーイラストレーター。
アウトドア・インドア・人の性格に対して「嫌い」というくくりはない。
子供の心が楽になる絵画教室建設を夢見ている。
■blog アトリエmimaReのオフィシャルブログ

■twitter アトリエmimaRe

■facebook 城岸美稀(※友達申請はメッセージをお願い致します。)

■LINE着せ替え LINE着せ替え-mimaRe

■LINEスタンプ LINEスタンプ-mimaRe