障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

就労を目指す障害者のための通所型サービス「就労移行支援」のご紹介

スポンサードリンク







スポンサードリンク




就労移行支援

こんにちは、ライターの桜井弓月(さくらいゆづき)です。

障害があっても、自分に合う職場を見つけて生き生きと働きたい。そう願う人は多いと思います。ですが、ひとりで就職活動をおこなっても、なかなかうまくいかないこともありますよね。そんなとき、利用できる福祉サービスの一つに「就労移行支援」があります。

私は一年前まで、とある就労移行支援事業所の支援スタッフとして勤務していました。今回は障害当事者としてではなく、支援者としての経験をもとに、就労移行支援をご紹介します。

就労移行支援の特徴

「就労移行支援」は、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスの一つです。利用にあたっては、居宅介護やグループホームなどと同様に、「障害福祉サービス受給者証」が必要です。

以下に就労移行支援の特徴を挙げます。

  • 対象は、就労を希望する18歳以上65歳未満の障害者で、一般就労が可能と見込まれる人
  • 生産活動や職場体験などの機会を提供し、就労に必要な知識の習得や能力向上のための訓練をおこなう
  • 通所型のサービス
  • 原則として、利用できるのは最長2年間

就労移行支援は、「最長2年間利用できる通所型のサービス」という特徴から、就労に向けてじっくり腰を据えて取り組みたい方に向いていると思います。

就労移行支援の主なサービス内容は、次の4点です。

・就労に向けた訓練
パソコン操作の学習や軽作業、ビジネスマナーの講座などの様々なカリキュラムを通じて、就労に必要なスキルの習得をサポートします。

・求職活動の支援
求人選びや履歴書などの応募書類作成に関して助言したり、面接練習をおこなったりします。また、必要に応じて企業見学や面接に同行します。

・職場の開拓
利用者さんが適性に合ったお仕事に就けるよう、企業や他の支援機関と協力して、就労先を開拓します。

・定着支援
就職後、利用者さんが職場になじんで不安なくお仕事を続けられるよう、相談に乗ったり、定期的に職場訪問したりします。利用者さんだけでなく、就職先の企業から相談を受けて助言・提案することもあります。

就労移行支援事業所では、利用者さんの就労に関する希望はもちろん、障害の状況や生活歴、生活環境など様々なことを伺いながら支援していきます。就労以外の面で支援が必要な場合は、適宜専門の支援機関につなぎ、連携を図ります。

仕事とその他の日常生活は、完全に切り離して考えられるものではありません。就労に向けて落ち着いて訓練するためには、基本的な生活環境が整っていて、障害があるなりに心身の状態が安定していることが不可欠です。そのため、就労移行支援事業所の支援スタッフは、利用者さんのことを就労面だけでなく、トータルに把握するよう努めています。

就労移行支援事業所を選ぶ際のポイント

就労移行支援事業所では、見学や1週間程度の体験利用が可能です。見学や体験利用だけであれば、障害福祉サービス受給者証は必要ありません。事業所はそれぞれに特色がありますので、自分に合う事業所を選ぶことが大切です。複数の事業所を見学・体験したうえで、利用する事業所を決めるのも良いと思います。


私が勤めていた事業所はパソコンスキルを習得するための訓練がメインでしたので、事務職を目指している利用者さんが多くいらっしゃいました。一方、事務系よりも作業系の訓練に力を入れている事業所もあります。
また、すべての障害種別を受け入れている事業所もあれば、発達障害者の支援を得意としている事業所、精神障害者の支援に特化した事業所もあります。

他にも、カリキュラムはがっちり組まれているのか、ある程度個別対応してもらえるのか、最初から週5日通所しなければならないのか、徐々に通所日数を増やしていくことが可能なのか……などなど、様々な点で事業所ごとに違いがあります。気になる点は、ぜひ見学や体験利用時にスタッフに聞いてみてください。
事業所の雰囲気も重要な決め手の一つになるかと思います。障害特性によっては、活気ある環境だと作業に集中することが難しい方もいるでしょうし、逆に、静かな場所だと落ち着かない方もいるでしょう。安心して訓練に臨める場所かどうかを見極めるためにも、体験利用は有効です。もしくは、あえて苦手な環境を選んで、慣れる訓練をするというやり方もありかもしれません。

自分で事業所を探したり通所先を決めたりすることが難しい場合は、役所の福祉担当者やハローワークの職員、特別支援学校の先生など、日頃から関わりのある支援機関の人たちに相談してみましょう。そういった人たちは就労移行支援事業所と連携して支援にあたっていますので、いろいろな事業所の情報を持っています。あなたに合いそうな事業所をピックアップしてくれると思いますし、見学に同行してくれる場合もあります。

実際、私が勤務していた事業所でも、役所や各支援センターなどの紹介で来られた利用者さんが多かったです。

最後に、これは完全に私の主観ですが、「いい事業所」というのは、「ご本人の利益になることは何か」という観点で話をする事業所です。

就労移行支援事業所は通所人数が多いほど収入が増えますので、利用者さんの数を確保したいのが本音です。しかし、誠実な事業所は、自分たちの利益だけを考えて強引に利用登録させたりはしません。「絶対に就職できますから、うちにお任せください!」と安易に断言するようなこともありません。どんな事業所でも、通所したからと言って「100%就職できる」という保証はないからです。

誠実な事業所は、見学や体験利用に来られた方に分かりやすく正しい説明をするはずです。利用を迷っておられる方には、他の事業所も見たうえで決めてはどうかとアドバイスすることもあるでしょう。ご本人のお話を伺ってニーズを把握したうえで、就労移行支援以外の支援サービスや制度の情報提供をおこなう場合もあるでしょう。こういったことは、ご本人が納得して、就労に向けて有益な取り組みができるためには必要不可欠なことだからです。

就労移行支援 まとめ

いかがでしたか?

「働きたいけれど、何から始めればいいか分からない」とか「ひとりでは不安だから、サポートが欲しい」と思っている方は、ぜひ就労移行の利用も選択肢に入れてみてください。

(執筆 桜井弓月(さくらいゆづき))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

桜井弓月(さくらい ゆづき) by
脳性麻痺の車椅子ユーザー、である前に、女です。
自称、エセ物書き。のらりくらり生きてます。
方向音痴にもめげず、電動車椅子で町なかを暴走……いや、しとやかに徘徊中。
数年前に流行った動物占いは「笑いながらキツイことを言うトラ」。当たっているか否かはナイショです。