障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

出来ていない人多すぎ! 精神疾患で処方されたお薬の管理はちゃんとしよう

スポンサードリンク







スポンサードリンク




薬

精神疾患で処方されたお薬の管理できていますか?

精神疾患の治療において薬物療法は欠かすことができない治療法となっています。

病気を治したいと思い病院へ行き、病気を治すために医師はお薬を処方します。ですが、お薬を飲んでいない人が少なくないのです。

どんなに優れたお薬であっても、そもそもしっかりと飲んでいないのであれば意味がありません。

精神疾患で処方されたお薬を飲まない、あるある理由

・症状が良くなってきたと感じたから

症状が良くなってきてるのに先生はいつまでも、お薬を減らしてくれないと言う理由で勝手に減らしてしまう。

・副作用が心配だから

お薬に依存してしまい、二度と止められなくなるのではと考ええしまい飲むのを止めてしまう。

・飲んでも効かなかったから

症状が辛くてお薬を処方してもらったが、何日飲んでも全然効かない。効かないものを飲んでも意味がないと理由で止めてしまう。

・いつまで服用すれば良いのか不安になる

いつまで飲めばいいかわからないし、このまま一生飲み続けるのは絶対に嫌だ。もう止めてしまおうと言う理由で止めてしまう。

・薬が多すぎて怖くなる

受診するたびに、お薬が増えて自分が薬漬けにされるのではと考えてしまい飲むのを止めてしまう。

精神疾患で服用しているお薬をきちんと管理しよう

私も以前、自己判断で薬を処方通りに服用しなかったことがあります。このような経験をした人、現在している人は少なくはないと思います。


病気なのですから、きちんと服用しなければ効果が出るわけがありません。上で述べた理由で服用したくないと考えてしまう人もいるでしょう。

確かに、ごく一部でありますが、おかしい処方をしている医師もいます。ですが、基本的に病気なのだと自覚することから始めなければいけません。

精神障害の人は他の障害を抱えている人に比べお薬に対しての自己管理が出来てないように思います。

自分でやれそうでなければ、家族や近しい人にしてもらう事も出来ます。

精神疾患のお薬はしっかりと服用しましょう

お薬の管理ができず、自己判断で飲むのを止めたりすることは、お薬のメリットをデメリットにしてしまいます。

飲んでいれば病気もスムーズに治っていたかもしれないのに、お薬に対する間違った誤解で飲まなかったり、減らしたりすることで病気が悪化したり、長引いたりすることになってしまいます。

飲めない理由をしっかりと医師に伝え、それで処方されたお薬をしっかりと飲むことを克服できれば、その人にとって大きな進歩になるはずです。

私はそうして、寛解近くまで回復しています。

医師はきちんと飲んでいると思っています。しかし患者さんは飲んでいない。

精神疾患で苦しんでる人が一人でも多く良い方向へ行くためには、この隔たりをなくすことが非常に大事です。

この記事を読んで一人でも多くきちんとお薬を飲んで頂けるのを願っています。

(執筆 松崎銀次)

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

松崎銀次 by
元医療関係者。いくつものパラハラを受け鬱病(精神障害者2級)となるが、本人未だ半信半疑。
今の時代の企業こそ経験上、鬱病を初めとする精神病の大量生産の場と確信に至る。
もっと優しくなろうよ、みんな。