障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

人工透析をやっていると「尿」が出なくなるって知ってた?

スポンサードリンク







スポンサードリンク




人工透析 水分

どうも、LoveHandi編集長のだいちゃん(∀)です!

私は腎臓という臓器が死んでしまっている、人工透析という延命治療を行っている1級身体障害者です。いわゆる「内部障害者」というやつで、見た目には健常者と変わりません。

人工透析とは、今回は簡単な説明にさせていただきますけれど、週に3回、1日4~5時間ほど病院のベッドの上で機械で血液を濾過(ろか)して綺麗にする延命治療を行わなければいけないのです。

人工透析をやっていると、時間拘束がある為に普通の仕事に就きにくいですし、体調も年数が経つにつれてどんどん悪くなっていきます。

私の場合は、不潔恐怖症や不眠といった精神疾患や、重度の睡眠障害(8時間睡眠中、30分しか深い眠りにつけない)、皮膚が荒れる、といった様々な合併症が現れています。

少しタイトルと話がズレたので本題に戻します。

人工透析をやっていると尿が出ない

実は、この「人工透析」を行っていると、「尿」が出なくなるのです。(人によっては出る人もいますが、大抵、出なくなります。)

普通の人、健常者であれば水分を取りすぎても尿として外に出ますよね。なので、お酒をガンガン飲んでも身体の中にアルコールが残ることはあっても水分が残り過ぎるということはありません。ですが、人工透析患者は水分を取ったら取った分だけ身体の中に溜まってしまうのです。なにせ、尿として身体の外に出すことが出来ないのですから。

尿が出ないということは、水分が外に出せないだけではありません。身体の中の老廃物(毒素)や取りすぎた栄養素も健常者の方は尿として外に出してコントロールしています。ですが、腎臓の死んでしまっている人工透析患者はそういった毒素や栄養のコントロールが出来ません。なので、機械で水分と一緒に身体の中の毒素や余分な栄養素を濾過(ろか)して、水分や毒素、余分な栄養素は身体の外の外に出し、綺麗になった血液を身体の中に戻すのです。

これが、人工透析という延命治療です。

普段、普通に尿を出していますよね。でも、実はこの尿を身体の外に出すという行為には身体の健康を保つ為にとても大切や役割があるのです。なので、尿ってバカに出来ないんですよ。

健常者の方は当たり前に出している尿ですが、私たち人工透析患者にとっては、尿を自分で出せるということはとても羨ましいことなのです。

例えば、機械で水分を外に出すと言いましたが、機械で外に出せる水分の量は決まっています。だいたい人にもよりますが、私の場合、3.5リットルくらいまでしか外に出すことが出来ません。

人工透析は基本、2日に1度行うものです。なので、水分を取る場合、2日で3.5リットル以上飲まないようにしないといけないのです。なので、人工透析患者には「水分制限」があります。夏場などは汗が出るので多少、水分制限がゆるくなりますが、それでもガブガブ水分を取りすぎてはいうけないので。なかなか辛いものがあります。


取りすぎた栄養素にしてもそうです。機械で、人工透析で抜くことの出来る取りすぎた余分な栄養素は限らています。なので、水分制限の他に食事制限もあります。

特に、

  • リン
  • カリウム

という栄養素には気をつけなければいけません。

「リン」は主に乳製品やタンパク質系(肉)などに多く含まれています。取りすぎると、骨がもろくなって骨折の原因などになります。

「カリウム」は生野菜や果物などに多く含まれているのですが、取りすぎると心臓が止まって、最悪の場合、死に至ります。

なので、この二つの栄養素は特に気をつけて管理をしています。

うちの病院では2週間に1度は血液検査をして、取りすぎているかいないかの結果が分かるので、それによって管理方法を考えます。

他にも、

  • 塩分

なども取りすぎてはいけません。

人工透析患者は低血圧か高血圧になる方が多いのですが(腎臓から血圧をコントロールするホルモンが出ているのですが、それが出なくなっているので人工透析患者は血圧が不安定になっているのです。)特に高血圧の方は塩分が高血圧の原因になるので、薄味の食事をしないといけません。

それに、塩分を取りすぎると当然、喉が渇きますよね。すると、水分を取りすぎてしまうのです。なので、塩分も取りすぎてはいけないのです。

人工透析患者は、こういった健康管理をしないといけません。尿が出ないだけで、これだけ大変なことになるのです。尿って凄いんですよ!

人工透析をやっていると尿が出ない まとめ

人工透析を行っていると尿が出なくなり、尿が出ないと色々と大変な思いをしなければいけなくなるということは本文かた伝わったのではないでしょうか。

それだけ、腎臓を含めた「臓器」は人間の身体の中でとても重要な役割を果たしているもので、尿に関しても健常者の方はなにげにトイレでしていると思うのですが、とても重要な役割を果たしているのです。

たかが尿、されど尿なのです。

今回は人工透析の中の「尿」についての話を中心に書いてきました。食事中の方がいたらごめんなさい(笑)

健常者の方は健康であることを普通だと思っているかもしれませんが、自分がいつ病気になるのか分かりません。自分でなくても自分の身内が病気になる可能性だってあります。

健康や病気、障害に関して、健常者であっても普段から興味を持って、知る努力をするようにしてもらいたいな、と思います。

(執筆 だいちゃん(∀))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者に関するオススメ商品

障害者に関するオススメ商品

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

だいちゃん(∀) by
LoveHandi(ラブハンディ)編集長 フリーライター 1級身体障害者
年間500冊の本を読む読書好き。
理想の嫁は橋本環奈ちゃん。いつか自分が結婚相手になると勝手に思っている危ない人。
障害者の社会的地位向上の為にWEBマガジンを立ち上げた、有言実行の行動力の持ち主。
公式ホームページ
blog
twitter
facebook
Instagram