障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

アスペルガーにも関連した「カサンドラ症候群」って何?

スポンサードリンク







スポンサードリンク




カサンドラ症候群

最近ちょいちょい耳にするようになってきたカサンドラ症候群ですが,いまいちわからないという方も多いと思います。私が書いているのはいつもはADHD関連のお話ですが,今回はアスペルガー障害(ASD分類)についてのお話になります。

カサンドラって?

カサンドラとは,ギリシャ神話に出てくる女性預言者で王女です。カサンドラはアポロンの恋人になる際にアポロンに予言の力を与えられました。しかし,この予言能力によってアポロンに捨てられることがわかり,恋人になることを拒否するのです。怒ったアポロンは「誰もカサンドラを信じない」という呪いをカサンドラにかけた,という神話です。

アスペルガー障害は男性に多い障害ですので,女性がは発症する障害のように書かれていますが,実際数は少ないものの女性のアスペルガー障害の方もいらっしゃいますので,男性のカサンドラ症候群の方もいるのです。

カサンドラ症候群て?

ではカサンドラ症候群とは何でしょう。ネットで見かけるのは,発達障害の男性から受けるDVによって発症するように書かれていることが多いですが,実際はちょっと違います。カサンドラ症候群自体がまだ病名として確立していないため,曖昧な部分もありますが,情動の相互交流の不具合によって生じる精神疾患のようなものです。症候群とされているのは,一人一人の症状が違うため〇〇症とくくるのが難しいのです。

アスペルガー障害の方の特徴として他者との交流が苦手,というものがあります。これはパートナーに対しても変わりません。自分の気持ちを表現することが苦手で,パートナーは「自分が愛されている」ことも実感できない場合が多く,またコミュニケーション自体が少ないため,必要とされているかどうかも不安になるのです。そして,共感性も低いため子育てや近所づきあい,仕事上の悩みに関しても取り合ってくれなかったり相談したのに非難されたりということも少なくありません。

さらに,アスペルガー障害の特徴の一つに「すぐにばれる嘘をつく」「非を認めない」というものがあります。巧妙な嘘ならまだしも,すぐにばれるような嘘をつくため「自分は愛されていない」と思うことが多くなります。例えば頼んでいたことをしてくれなかったため,理由を聞くと「実は僕はスパイなんだ。だから今日は外に出られなかった」「今日は電話が鳴りやまなくて,何もできなかった」という具合の嘘をつくため,それ以上言葉が継げず,もやもやを胸の奥に押し込んでしまうのです。

このようなことが毎日続くことで,PTSDのような症状を発症してしまいます。PTSDは過去のことからくるトラウマ症状ですが,カサンドラ症候群は毎日のことが継続していくことによって起こる疑似PTSD症状と言えるでしょう。


カサンドラ証拠群は,自己否定に陥ってしまうことが大きな原因とも言えます。自分が愛されないのは,自分に何か原因があるから,と考え誰にも相談できなくなってしまいます。また,アスペルガー障害の方は情動のコントロールが苦手な場合があるため,威圧的な態度で詰め寄られたり無視されたりということもあり,より自己否定が強まってしまいます。友人や家族など身近な人が本人に寄り添うことが大切ですが,DV被害を受けている方と同様,なかなか周りに相談できない方が多く,また,以前に優しくしてくれた時のことが忘れられず離れられないということもあり,対応が難しいのです。

カサンドラ症候群の特徴

基本的に尽くすタイプの人に多くみられますので,その点は古くからの友人であればわかるかもしれません。また,アスペルガー障害の方は仕事上でもトラブルを抱えやすく,突出した才能を生かせる職場以外では評価されないことが多いため,研究職などのほかには派遣や契約社員の場合がありますので,パートナーの方が収入が高く家庭を支えていることが多くみられます。

家に友達を招きたがらなかったり,旦那さん(奥さん)を紹介したがらない,またはいつも遊びに行ったときには出かけているなどで滅多に会えないという,相手方の特徴も見られると思います。

カサンドラ症候群にはどう対応すればいい?

カサンドラ症候群は,お互いにアスペルガー障害を理解するところから始まります。自分がアスペルガー障害だということ,相手がアスペルガー障害だということを理解し,「愛されていないのではない」「自分が悪いのではない」「今のはアスペルガー障害が言わせているのだ」と理解すること,アスペルガー障害の方は「自分の表現はわかりにくい」「相手に伝わるように表現することが必要」「人のせいにせず,悪い時には謝る」等を意識することが大切です。

カサンドラ症候群 まとめ

一見するとアスペルガー障害の方は愛情がないように感じるかもしれませんが,そうではありません。愛情を表現することが下手だったり難しかったり,個性的過ぎて伝わらなかったりしているだけです。もともと「なんでこの人と付き合うことにした」のか,「結婚を決めたきっかけ」はなんだったのか,愛されていることを実感したことなどを考えれば「あ~,この人そういえば変わり者だったなぁ」と思い出すはずです(笑)

自己否定からは何も生まれません。それにアスペルガー障害の方はパートナーがいないと困るんです。もし自分がカサンドラ症候群かもと思い当たるなら,「自分がいないと困るくせに」と思い直し,精神的優位に「こっそり」立ってみればいいんですよ。あからさまに上から目線に立たれると,アスペルガー障害の方はブチ切れることがありますから,くれぐれも「こっそり」がおすすめです。

(執筆 平泉(たいらいずみ))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者に関するオススメ商品

障害者に関するオススメ商品

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

平 泉(たいら いずみ) by
公務員保育士として25年働いたのち、大学院に進み教育学修士を取得(発達心理学分野)。自らがADHDとアスペルガー障害の併存型であり、研究対象も幼児の発達障害という…根っからの発達障害者です。