障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

吃音は障害? 子供たちは傷ついている!

スポンサードリンク







スポンサードリンク




吃音

四肢麻痺ライターの蛙屋(かわずや)です。手足がきかないと思い通りにならないことが多いですが、自分は四肢麻痺になる前の子供の頃から「思い通りにならない」ことを身を持って体験してきていたと改めて思っています。

……なんていうと、幼少から苦労を重ねてきたように聞こえますがそうではなく、自分は「吃音」だったからです。

吃音症(きつおんしょう)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。

出典 吃音症-Wikipedia

吃音は本人にとっては深刻なのです

吃音を障害というのは大袈裟かもしれませんね。喋りがつっかえる以外は困ることがありません。でも、当人からすれば大変なストレスです。

コミュニケーションに苦労するし、子供の間では笑われ、からかわれます。今回は四肢麻痺を置いておいて、この吃音の話をしましょう。

自分は大人になった今はずいぶんよくなっているものの、やはり時々つっかえて言葉が出なかったり、「あ、あ、あのね」って感じになります。子供の頃はずっとひどく、よく馬鹿にされました。イジメなどは受けませんでしたが、子供だからこそかなり気に病んでいました。

吃音と戦う必死の努力

おかげで今も喋るのは苦手です。電話が鳴ると先に恐怖感を覚えます。音だけで伝える電話は、吃音にとって最悪の相性なのです。カラオケは好きです。どんなにひどい吃音でも、不思議と歌うのはすんなり出るんですよ。

それで落語を聞いていました。なぜかというと、リズムをつけて喋ればつっかえにくい。でもディズニー映画みたいにいきなり歌いだすわけにもいかない。「音楽的な喋り……落語だな」と勝手に思い込んで、そのトーク術を学ぼうとしたわけです。

喋る練習で漫画の台詞もなりきって音読していましたから、「俺ってけっこう演技派かも」など一人悦に入ったものです。


吃音だと自然にボキャブラリーも増えます。吃音で出せない音は人それぞれで、経験則から「これは言えない」と判断して、とっさに別の言い方に代える習慣がつくのです。人間類語辞典ですよ。そのせいか、国語の成績だけはよかったです。

吃音は思った以上に精神がやられるのです

大人はよく「吃音なんてたいしたことないよ」と言います。病気とも言えませんしね。でも、当人には本当につらいことなんです。

伝えたいのに伝えられない、喉の奥で言葉が詰まって言い出せない、こんな悔しいことを繰り返していると精神がギスギスしてきます。

勘のいい人はこちらがつっかえているのを見て、「○○って言いたいんでしょ」と先読みしてくれたりしますが、これも親切そうに見えてこっちからすればすごく悔しいのです。伝えようとする気持ちの行き場というか落とし所というか、そういうのを見失ってしまうのです。

内心では腹を立てているのに、相手が親切のつもりでは怒ることもできません。妙に愛想笑いだけが上手くなってしまった子供時代だった気がします。

吃音症の人の話はきちんと聞いてあげる姿勢が大事

それから十数年が経ち、交通事故で四肢麻痺となり、思うようにならず、腹にストレスばかり溜まり、無理にヘラヘラしている……子供の頃と同じことをしています。

昔取った杵柄ですかね。自分はすんなりそういう状況を受け入れられたと思うのです。それがいいことかどうかはわかりませんが、子供の頃に確立された人間形成はもう変えられないのでしょう。

吃音は子供に多く、それで悩んでいる親御さんもいると思います。子供本人は意外と傷ついているので、「たいしたことじゃない」なんて言わず、その苦しさを慮ってあげてください。そして「時間がかかってもちゃんと聞くから」という余裕を持って接してあげてほしいです。

(執筆 蛙屋(かわずや))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

蛙屋(かわずや) by
蛙屋(かわずや)です。本名でもなく、別にカエルも売っていません<(_ _)>。
交通事故で頸椎損傷。以来、四肢麻痺の車椅子乗りをやっています。
体験談や感じたことを書きつらねていきますので、時間つぶしにでもどうぞ♪
あ~~毎日、好きな熱帯魚眺めながら美味い酒飲んで暮らしたい……