障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン

聴覚障害者の補装具 補聴器について説明します!

スポンサードリンク







スポンサードリンク




視覚障害

私には重度の聴覚障害があるため、補聴器というものが欠かせません。

補聴器というのは、高齢者や聴覚障害者など、自分の耳だけで音を聴くことに限界がある人が耳につける機械です。補聴器を使うと音の歪みが緩和されたり、音が全体的に大きくなったりします。ものによりますが、一台で数十万円することも珍しくありません。両耳装用が原則ですから、二台必要です。場合によっては100万円を超えることもあるそうです。かなり高額で電池交換やメンテナンス、時には修理なども必要です。とてもデリケートな精密機械です。

補装具(補聴器)の購入制度

言うまでもなく一般市民である私に何十万円、時には100万円を超える補聴器を実費で購入することはできません。ですから5年に一度、補聴器を買い換える時に区役所に行き、福祉制度を利用して補聴器を買うための書類をもらわなくてはいけません。そこで「どうして補聴器が必要なのか」を説明しなくてはいけません。また、指定医師の診断書が必要です。そうして何枚もの書類を書き、用意し、また役所に行って申請をしなくてはなりません。


私はこのシステムに疑問を抱いています。どうして補聴器が必要なのかを説明しなくてはいけないのでしょうか。補聴器は紛れもなく私の一部です。補聴器がなくては音を聞くこともできません。極端な例かもしれませんが、5年に一度、メガネが必要な人がメガネを取り上げられて「なぜメガネが必要なのかをしっかり説明しなさい。医師が書いた診断書ももらってきなさい」と言われるのと同じようなことです。私にとってはとても残酷なシステムのように思えます。身体の一部である補聴器に対して役所の方から延々と「なぜ補聴器が必要なのか」と、時には怒鳴り散らされながら問い詰められなくてはいけません。補聴器にもピンからキリまでありますが、役所の方は安い補聴器を強く勧めます。安いとそれだけ性能が劣り、音が聴こえにくくなりますからとても不便です。

ただ音を聞きたいだけなのに、そのためには何枚もの書類、診断書、複雑な手続き、多額の金銭が必要になってしまうのが現実です。音を聞く権利さえ保障されていないように感じてしまいます。

本当のバリアフリーとは?

本当のバリアフリーとは何でしょうか。私には分かりません。補聴器を活用することによってバリアを解消したいのに、補聴器を買う時に行政からバリアを作られるのです。

役所の方の対応は千差万別ですが、冷たいことが多いように感じられます。地域差もありますが、私の地域では怒鳴り散らされることも珍しくありません。

本当のバリアフリーとは何なのか。今一度考え直してみませんか。

(執筆 秋澤優(アキワサヒロ))

スポンサードリンク







スポンサードリンク




障害者に関するオススメ商品

障害者に関するオススメ商品

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

facebookページ

このWEBマガジンを気に入ったらイイネしよう! 更新情報をお届けします!

Twitter
twitterをフォローしよう! マガジンの更新情報をお届けします!

秋澤優(アキサワ ヒロ) by

アッシャー症候群(視覚・聴覚障害)、精神障害、AC(虐待サバイバー)、LGBT。相貌失認と発達障害の可能性が高いけれど未診断。人生ハードモードをエンジョイしようと足掻いています。