だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者の就職の為の『就労定着支援』とは?

右手でグッドをするだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者が一般就労した場合、長く勤められるか不安ですよね。

従来から就労した障害者が職場に定着できるように就労移行支援事業所や障害者就業・生活支援センターが支援していました。

働く障害者の増加に伴い実施されるようになったのが就労定着支援です。

ここでは就労定着支援の内容と利用方法などを解説します。

目次

就労定着支援の意義

検査をする女性

就労定着支援の位置づけ

就労定着支援の根拠は障害者総合支援法です。正式には「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」といいます。

就労定着支援はこの法律に定められている指定障害福祉サービスです。

サービス内容は、サービスを提供する事業所などが障害者と相談して生活面の課題を把握し、障害者が勤務する企業などと連絡や調整を行うとともに障害者のもつ課題を解決するために必要な支援をするというものです。

就業面だけではなく、生活面や体調面も含めて就労定着に必要なことをサポートします。

一般就労した障害者と雇用している企業などの持つ悩みや不安の解消の手助け

企業側は無理をして働いていないか、調子が悪そうだが直接聞いて良いかどうか分からないなどの悩みを持っているのが実態です。

一方で就労している障害者は自身の症状などの状態を上手く伝えられるかや職場に相談相手がいないなどの不安を抱えています。

障害者側は実際に働き始めると生活に大きな変化が起きて、予想もしなかった悩みが出てくるものです。

自立訓練サービスでは無かったような仕事のミスが増えたり、上司・同僚とのコミュニケーションが上手く取れなかったり、体調管理ができなくなって遅刻や欠勤が増えたり、収入を得てもお金の管理ができなかったり、といった悩みが考えられます。

このような一連の問題を解決する手段としてできたのが就労定着支援サービスです。

雇用している企業や障害者個人では対処が難しい課題を把握して必要な調整やアドバイスを実施します。

だいちゃん(∀)

障害者側も定着出来ずに悩んでいるけれど、企業側も悩んでいるんだね~

就労定着支援の対象者

ミーティングをするOLとサラリーマン達

就労定着支援を受けることのできる対象者は、一般就労した障害者です。

これら障害者は一般就労前に、

  • 就労移行支援
  • 就労継続支援
  • 生活介護
  • 自立訓練

のサービスを受けています。

対象者が就労前に受けているサービスの詳細を説明します。

就労移行支援

就労移行支援は一般企業への就労を希望する障害者などが、就労に必要な知識や能力を身につけることを目的とした就労支援サービスです。

就労移行支援サービスには職業訓練、就職活動のサポート、職場定着支援などがあります。ビジネスマナーやコミュニケーショントレーニング、パソコントレーニングなどの能力をつけるのが職業訓練です。

就職活動のサポートでは面接練習や履歴書の書き方指導などを実施します。

就職が決まった後はサービスを提供する事業所のスタッフが職場に定着できるように支援。就職前から就職後まで支援するのが就労移行支援です。

就労継続支援は、障害者などが安定的に働ける職場を事業所などが提供する福祉サービスです。

就労継続支援には一般就労に近い働き方をするA型と一般就労が難しい障害者などを対象として短時間だけ働くことが可能なB型があります。

A型はサービスを提供する事業所と雇用契約を結んで働くので最低賃金額以上の収入が得られるのが特徴です。

B型は軽作業で短時間の労働になることから雇用契約を結びません。

給与は賃金ではなく、労働の成果として工賃が支払われることになります。

工賃は最低賃金を下回りますが、自分のペースで働くことができるのがB型の特徴です。

これらの事業所で働くことを継続する人は就労定着支援サービスの対象外ですが、従来から定着支援を実施していて就職した後も事業所が半年間は定着支援を実施します。

>>A型事業所の詳しい記事はこちら

>>B型事業所の詳しい記事はこちら

生活介護

生活介護は常に介護を必要とする障害者が障害者支援施設などに通所して昼間に入浴、排泄、食事などの介護を受ける福祉サービスです。

同時に創作活動や生産活動機会の提供もサービスとして受けます。

最近はそのようなサービスで得たスキルを活用して一般就労する障害者もいることから、生活介護を経て一般就労した障害者も就労定着支援の対象者です。

自立訓練サービス

自立訓練サービスは障害者施設や病院に長期入院・入所していた知的障害者または精神障害者が入浴、排泄、食事などの自立した日常生活をおくるために必要な訓練を支援施設や事業所または自宅で受けるものです。

訓練を経て日常生活が可能となり一般就労した障害者は就労定着支援の対象となります。

だいちゃん(∀)

就労定着支援の対象者は多岐に渡るんだね!

就労定着支援の具体的内容

ガッツポーズを3人のサラリーマンとOL

就労定着支援の目的は一般就労している障害者を働きやすくするための手伝いをすることです。

この中には障害者雇用枠で働く人も含みます。

この際、就労定着支援サービスを提供する事業所などが実施するのは障害者の就労上の問題点を把握した上で、就労環境を整える為の関係部署との連絡調整や障害者や雇用企業などへのアドバイスです。

具体的には月1回以上のペースで、障害者との直接面談によって職場環境や生活リズムなどに基づく課題を把握します。

その上で本人へのアドバイスを実施したり、勤務先への訪問や医療機関や福祉機関とも連携して就労環境を改善。

働きやすい環境を醸成していきます。

就労定着支援の利用期間とサービスを提供する事業所など

就労定着支援のサービスは最大で3年間利用できます。このサービスを提供するのは一般就労者を輩出している、

  • 就労移行支援事業所
  • 就労継続支援事業所
  • 生活介護事業所
  • 自立訓練事業所

です。

一般就労してから半年間は就労移行支援事業所、就労継続支援事業所などの就労をサポートしていた事業所が職場に定着するための支援を実施します。

その後の3年間がサービスを利用できる期間です。3年を経過した後も同じ事業所が任意で支援を継続する場合もあります。

任意継続がない場合で継続して支援を受けたい場合は障害者就業・生活支援センターにサービスが引き継がれます。

就労定着支援の利用料

就労定着支援の利用料は就労移行支援事業所や就労継続支援事業所から受けるサービスと同様の料金体系です。

従って前年の本人の収入によって自己負担額が異なります。基本的には1割負担です。前年に就労移行支援事業所に通っていて収入がなかったり、納税額が一定以下の場合には初年度の自己負担がないことがあります。

詳細な料金体系は自治体毎に異なるので、具体的には自治体への確認が必要です。

就労定着支援の申し込み手続き

就労定着支援を受けるためには先ず、市区町村への利用申し込みが必要です。

市区町村は、障害福祉窓口や相談支援窓口などで受付けています。申し込み後、市区町村の調査員による生活状況などの聞き取り調査があります。

サービスを受けるためにはサービス等利用計画案の提出が必要です。

サービス等利用計画案は自身で作成するか、指定特定相談事業者に依頼して作成してしてもらいます。

市区町村の受付が完了すると受給者証の発行です。この発行以降、サービスの利用が可能になります。

だいちゃん(∀)

就労定着支援の手続き方法を知っておいて損は無いよ!

最後に 就労定着支援は一般就労した障害者が不安無く仕事をする為の支援

ガッツポーズを4人のサラリーマンとOL

障害者でなくても新しい仕事について場合には、それ以前には考えてもいなかった悩みや不安を抱きます。

障害者が一般就労した場合には、それまでとは違った悩みが出てきてもおかしくありません。

例えば、仕事上では今後のことを親身に相談する相手がいなかったり、上司・同僚とのコミュニケーションが上手くいかないと感じたり、生活面では一人暮らしの不安だったり、家事と仕事の両立が難しいと感じたりすることがあるでしょう。

受入れた企業側も働く人との認識のズレがあるとそのギャップを埋めたいと考えることもあります。

この様な状況にある一般就労した障害者の不安を取り除いたり、企業との間に立って中立的に双方へアドバイスしたりするのが就労定着支援なのです。

だいちゃん(∀)

せっかく一般企業に就労できたとしても、定着出来ないと意味が無い。その手助けを就労定着支援はしてくれているんだね!

という訳で今回は、「障害者の就職の為の就労定着支援」についてお伝えしました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる